コンシダーマルの副作用がやばいっていうのは本当なんでしょうか?

コンシダーマルの副作用はやばい

コンシダーマルの副作用がやばいと言う噂は、次のような口コミからきています。

 

・ひりひりしてきたので使うのをやめてしまいました。
・発疹が起きてしまいました。残念ですが、リピートはありません。

こんな口コミです。

副作用がやばいって噂が広がる理由もわかりますよね。

しかし、100%全員に合う化粧品というのは存在しません。

副作用が出たという口コミの件数で言うと、1%以下の確率になります。

なのでほとんど心配は不要です。

また、コンシダーマルは敏感肌でも使えるほど安全な化粧品です。

コンシダーマルが敏感肌でも使える理由

まず一つ目の理由は、無添加だということです。

香料、鉱物油、着色料、パラベン、アルコールは人間の肌に触れると有害と言われています。

しかし、コンシダーマル全て無添加になっています。

特にアルコールは肌のかぶれを起こす人も割と多いので、配合されていないのはかなり評価できます。

二つ目の理由は、販売前にすでに安全性試験を3種類も行なっているということです。

その3種類というのは、パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテストです。

馴染みがないのはスティンギングテストだと思いますが、簡単に言うと、
「チクチクしたりムズムズしたりしないよね?」
とういう確認のテストです。

大量の被験者にテストを実施してもらい、問題ないことが確認できているので、安全性はお墨付きというわけです。

また、三つ目の理由は、「副作用がでた!」という口コミはかなり少ないということです。

冒頭で紹介したように、副作用がでたというような口コミは1%にも満ちません。

この3点の理由から、コンシダーマルの副作用の確率はかなり低いと言えます。

>>コンシダーマルをもっと詳しく知りたい人はこちらのサイトがオススメです。